Top >  査定方法の種類 >  マンション査定の方法「取引事例比較法の具体例」

マンション査定の方法「取引事例比較法の具体例」

取引事例比較法によるマンション査定の具体的な方法は下記のような流れになります。

1)過去に売買された事例となるマンションを探します。

事例となるマンションは、査定を行うマンションと同格の物件で、なるべく最近に売買が行われた物件が理想的で、同じマンション内や近所のマンションであればさらに理想的です。
2)事例となるマンションの売却金額を専有面積で割り、平米価格単価を計算します。
3)事例となるマンションの平米価格単価を、査定を行うマンションの平米に当てはめ、その他の項目や条件を加味して査定価格を導き出します。

例えば、中古マンション価格査定マニュアルでは、階層がひとつ上がると0.5%価格が上がることになります。

階層がひとつ下がると0.5%価格も下がります。

取引事例比較法でおこなうマンション査定方法は、マンションの優劣を数値で表し、計算する査定方法です。


査定方法の種類

査定方法の種類

関連エントリー


株