Top >  不動産売買用語 >  マンション査定の不動産売買用語「解約手付」

マンション査定の不動産売買用語「解約手付」

マンション査定や不動産の売買に関する用語「解約手付」について解説します。

「解約手付」は、不動産売買契約が成立したあとで、双方が購入代金の全額支払い、または売却したマンションの引き渡しまでの間なら、契約を解除することができるための手付金を意味する不動産売買用語です。

一般的には手付け金や、解約金と略すことが多いでしょう。

マンションの購入者は契約の時に、購入代金の一部(1割程度)を支払いますが、手付け金を放棄すれば売買契約を破棄することができます。

マンションの売却者は、購入者の支払った手付け金の倍の額を支払えば売買契約を破棄できますが、不動産売買用語では「手付倍返し」と言います。

どちらにしても金額の大きなマンションの売買では、契約を破棄することは少ないでしょうね。


不動産売買用語

不動産売買用語

関連エントリー


株