Top >  不動産売買用語 >  マンション査定の不動産売買用語「成約価格」

マンション査定の不動産売買用語「成約価格」

マンション査定や不動産の売買に関する用語「成約価格」について解説します。

「成約価格」は、取引が成立して実際に支払われる価格であり、実売価格と同等の意味の不動産売買用語です。不動産売買用語には、住宅情報誌などに提示される「募集価格(売出価格)」や、見積もりである「査定価格」などがありますが、実際の売却時には値下げや、値切りがあるため、最終的には値段の下がる「成約価格」で売却されることになります。

ただし、取引事例としてマンション査定に利用されるのは「成約価格」であるため、査定価格や募集価格から大幅に値下がりするとは考えにくいでしょう。

また、マンション仲介業者も値切りを見越して募集価格を設定してると思います。


不動産売買用語

不動産売買用語

関連エントリー


株