Top >  査定方法の種類 >  マンション査定の方法「取引事例比較法」

マンション査定の方法「取引事例比較法」

取引事例比較法で行うマンション査定の方法は、査定を行うマンションと条件が似ているマンションの売買事例から価格を導き出す方法です。

一般的には、財団法人不動産流通近代化センターの「中古マンションの値づけ法」が用いられます。

「中古マンションの値づけ法」は、事例マンションと査定を行うマンションとのの違いを、定められている一定の条件をもとにしてと評価し、価格差を導きだすと言う方法です。

例えば、事例のマンションより優れているポイントは、一定比率の査定価格を上げて、劣っているポイントに付いては価格を下げていきます。

つまり、過去に取引されたマンションを基準に比較して価格を導くため「取引事例比較法」と言われています。


査定方法の種類

査定方法の種類

関連エントリー


株