Top >  不動産売買用語 >  マンション査定の不動産売買用語「つなぎ融資」

マンション査定の不動産売買用語「つなぎ融資」

マンション査定や不動産の売買に関する用語「つなぎ融資」について解説します。

「つなぎ融資」は、不動産売買用語とともに住宅ローン用語としても用いられることの多い言葉です。

一般的には、「所有権移転」と「抵当権の設定登記」を済ませてからでないと融資が行われない「公的融資」を利用するときに、民間金融機関が一時的に融資を行うことで、融資までの期間をつなぐ「融資」のこと表す不動産売買用語です。

しかし、買い換えなどで、売却を待つ間に、新たな購入するマンションの代金を支払うための融資も「つなぎ融資」です。

売却するマンションにはローン残金がなく、手持ちの分と売却代金を合わすと、新たに購入するマンションの代金が支払い可能なときは、「つなぎ融資」を利用します。


不動産売買用語

不動産売買用語

関連エントリー


株