Top >  不動産売買用語 >  マンション査定の不動産売買用語「シックハウス症候群」

マンション査定の不動産売買用語「シックハウス症候群」

マンション査定や不動産の売買に関する用語「シックハウス症候群」について解説します。

「シックハウス症候群」は、購入時に注意する事項として使用される不動産売買用語ですが、体の弱い方や子どもさんのいる家庭では特に注意が必要な内容です。

「シックハウス症候群」は、住宅用の建材や、家具に含まれる有害な化学物質(ホルムアルデヒドなど)が原因で、「目や喉の痛み」、「めまい」、「吐き気」などの体調不良や病気が起きる症状のことを言います。

また、関連する不動産売買用語として「シックハウス対策」との記述を見かけますが、2003年7月に施行されたシックハウス防止のた導入された、改正建築基準法に則って作られていることを意味します。


不動産売買用語

不動産売買用語

関連エントリー


株