Top >  不動産売買用語 >  マンション査定の不動産売買用語「住み替えローン」

マンション査定の不動産売買用語「住み替えローン」

マンション査定や不動産の売買に関する用語「住み替えローン」について解説します。

「住み替えローン」は、すでにマンションなどの住宅を持っている人が、新たにマンションを購入したり、新築したりして住み替えるときに利用するローンで、不動産売買のときにはよく聞く用語です。

住宅を住み替えるときには、持っているマンションを売却したとしても、マンションのローンの残金を全て返済できるとは限りません。

民間金融機関の行う住み替えローンを利用すると、新たに購入するマンションの担保価値以上の資金を借り入れることができるため、売却したマンションの残金と、新たに購入するマンションの支払いを行えます。

また、「買い換えローン」と呼ばれる不動産売買用語もありますが、「住み替えローン」と同じ意味です。


不動産売買用語

不動産売買用語

関連エントリー


株