Top >  不動産売買用語 >  マンション査定の不動産売買用語「オープンハウス」

マンション査定の不動産売買用語「オープンハウス」

マンション査定や不動産の売買に関する用語「オープンハウス」について解説します。

「オープンハウス」とは、マンションなどの売却依頼した物件を、指定した日時に一般公開することを意味する不動産売買用語です。

売却契約を結んでいても住居として使用してることも多いでしょう。

「オープンハウス」では、実際の生活環境ごと公開するため、好まない方もいらっしゃいます。

しかし、家具の配置された状況や生活の雰囲気が購入希望者に伝わるため、売却のための効果は高いといえます。

また、不動産売買用語では「オープンハウス」を「OH」と略したり、一戸建てのときを「オープンハウス」、マンションのときを「オープンルーム(OR)」と区別することもあります。


不動産売買用語

不動産売買用語

関連エントリー


株