Top >  査定方法の種類 >  マンション査定の方法

マンション査定の方法

マンション査定を行うときの方法は、主に下記の3つの方法が用いられます。

1)取引事例比較法
2)原価法
3)収益還元法

3)の「収益還元法」は、賃貸マンションなどの、収益を元に計算する方法なので、一般的な居住用マンションの査定には1)もしくは2)の方法が用いられることになっていますが、ほとんどの場合は、1)の取引事例比較法で査定されます。

また、インターネットなどで査定を簡単に行える「簡易査定」と呼ばれるものもありますが、1)の取引事例比較法をさらにシンプルにした方法が用いられています。

ただし、実際には担当者の経験や査定時期も考慮され、不動産業者独自のマンション査定価格が提示されることになります。

マンションの査定は、3つの方法で基準値を求め、担当者の経験とカンが価格を導き出すと考えでください。


査定方法の種類

査定方法の種類

関連エントリー


株