Top >  一般媒介って何? >  マンション査定と一般媒介契約のメリット・デメリット

マンション査定と一般媒介契約のメリット・デメリット

マンション査定は、複数の業者に依頼することがメリットであり、デメリット要因はとくにありません。

しかし、媒介契約では、総合的な判断で契約を選択する必要があります。

一般媒介契約で、複数の業者と契約できることはメリットですが、デメリットにもなりかねないのです。

一般媒介契約のメリットは「契約業者数が増えると物件も広く公開される」、「各業者を比較することができる」、「業者間で競い合い真っ先に成約できるように頑張るかもしれない」などがあります。

しかし、デメリットとして「報酬を得ることができるのは1社のみであり、少しでも遅れると苦労が無駄になる」、「業者に熱意が生まれない」、「複数の業者との連絡は大変」、「報告義務がないため実際の売却活動が見えづらい」などがあります。

一般媒介契約のメリットを生かせるのは、比較的人気のある物件や、特徴のある物件で、少しでも高く売却したいときなどではないでしょうか。


一般媒介って何?

一般媒介って何?

関連エントリー


株