Top >  一般的な査定の基準 >  分譲マンション査定基準一覧

分譲マンション査定基準一覧

分譲(中古)マンションの主な査定基準をまとめて紹介しておきます。

重要な査定基準については個々の解説をご覧ください。

分譲マンションについての査定基準

  • 分譲マンションの築年数(建築年数)
  • 土地権利(土地の所有権)
  • 室内全体(室内の仕上げや保守状況)
  • 共有部分(エントランスなどの作りや美しさ)
  • 階層(何階に部屋があるか)
  • バルコニー(床面積の何%を占めるか)
  • 収納(何ヶ所あるか)
  • 冷暖房設備(エアコン等の数や取り付け場所があるか)
  • 給湯設備(何ヶ所か)
  • 部屋の向きと日当たり(向きには細かな基準があります)
  • 室外からの騒音や振動(室内でチェックされます)
  • セキュリティー設備(オートロック等)
  • 外壁(タイルか吹き付けか等)

分譲マンションの交通・周辺環境

  • 交通の便(JR駅や地下鉄・バス等)
  • 周辺環境(地域性や騒音等)
  • 生活の利便性(スーパー等の生活必要用品店)
  • 景観(部屋からの眺めやマンションの位置等)

分譲マンション管理の査定基準

  • マンションの清掃や管理(共用設備周辺の掃除やメンテナンス)
  • 管理組合(有効に機能しているか)
  • 管理員の勤務形態(毎日、週5日等)
  • 修繕積立金や管理費(制度の有無や費用)

その他の基準

  • 分譲会社と建築会社の信用度
  • 専用庭
  • 駐車場や駐輪設備(有無と全戸分か一定数か)
  • 集会室有や専用トランクルームなどの施設


一般的な査定の基準

一般的な査定の基準

関連エントリー


株