Top >  一般的な査定の基準 >  マンションの査定基準「生活の利便性」

マンションの査定基準「生活の利便性」

マンションの査定基準には、周辺環境(生活の利便性)も大きく影響してきます。

一生住むかもしれないマンションではとくに、「周辺に何があるのか」、「過ごしやすい場所なのか」、「安全なのか」など、周辺環境はマンション選びの優先条件のひとつなので、マンションの査定基準でも、重要な項目になっています。

一般的な周辺環境の査定基準では、「スーパーや商店街、コンビニなどの生活に必要な店舗が近くにあるか」、「病院や学校、郵便局、市役所(区役所)または出張所などの公共機関が近くにあるか」、「公園や運動施設、文化施設などのレクリエーションに関する施設が近くにあるか」などが大切な要素とされています。

しかし、生活に便利なら全てがプラスの要素になるわけでなく「飲み屋などの繁華街」はマイナスとして働くこともありますし、駅から近い場所では「列車や自動車の騒音」なども発生しますので、マンションの査定評価を下げることもあります。


一般的な査定の基準

一般的な査定の基準

関連エントリー


株