Top >  査定を依頼する上での注意点 >  マンション査定の注意点「正しく伝える」

マンション査定の注意点「正しく伝える」

不動産業者の方が、マンションの訪問査定にやってきて、いろいろ調べて査定してくれますが、不動産業者の方には、現在の物件の実情を、包み隠さず正しく伝える必要があります。

マンションの実情を「正しく伝える」ことはマンション査定の注意点のひとつです。

例えば、地震の影響で、壁や柱にひびが入っていたら、忘れずに伝えるよう、注意してください。

ひび割れなどを、棚やポスターで隠すのは、後あと問題に発展します。
少しでも査定金額を上げようとして隠したくなる気持ちは解ります。

しかし、査定はあくまでも目安に過ぎないので、査定だけ高くても無意味ですし、売買が成立してマンションを引き渡した後に隠していた問題点が発覚すると、売買の取り消しどころか、最悪の場合は賠償問題に発展する可能性もあるのです。

マンションの実情を正しく伝えることは、マンション査定の大切な注意点です。


査定を依頼する上での注意点

査定を依頼する上での注意点

関連エントリー


株